加入が義務化されている車両保険には、車両料率というものが決められています。料率とは、車を車種によって9つに分類して、その分類ごとに保険料の掛け金を定めるシステムです。

どうしてこのような分類が必要なのかというと、車種によって、事故のリスクが違うと考えられるからです。

たとえば、スポーツカーに比べれば、安全装備の多いファミリーセダンの方が事故を起こしにくいと判断されます。

もうひとつは、修理費の違いです。高級外車と軽自動車では、同じように故障をした場合にも部品代が高級外車のほうが高く付いてしまいます。

そのため、事故を起こしにくい車種、修理費が安く抑えられる車種は納める必要のある保険料も安く定められているのです。料率がいちばん低い車種といちばん高い車種では保険料の利率に4倍ちかくの差があります。

つまり、ほかの条件がすべて同じ二人が、同じ補償内容の自動車保険に入っても、車種が違うだけで保険料に大きな差が出ることになります。

ですから、新車を買う際には先に支払うことになる自動車保険の料率も少し頭に入れて選ぶことをおすすめします。ちなみに、9つの分類は過去の事故の頻度や規模、実際に支払われた金額を元に定められ、毎年更新されます。