交通事故にあったとき、治療や入院にかかる医療費を補償してくれるのが人身傷害保険です。補償の対象は本人とその家族、保険対象車に同乗していた人です。

また、ほかの車に乗っているときや、歩いていて交通事故に巻き込まれたときなども補償の対象になるので安心です。

車対車の事故の場合は、加入者本人の過失かどうかに関わらず保険金がおりますし、、示談が成立する前でもお金を受け取ることが出来ます。壁にぶつかってしまった、などの単独事故も補償の対象です。

このように補償の範囲がとても広いので、運転をする人は出来る限り人身傷害保険に加入することをおすすめします。

似たものに「搭乗者傷害補償」があります。こちらの補償の対象は契約している自動車に乗っている人全員です。

同じように考えている人も多いようですが、補償内容に大きな違いがあります。人身傷害保険は実際に治療や入院にかかった費用すべてが支給されますが、搭乗者傷害補償の場合は、実際にかかった治療費に関わらず、決められた一定額の支給になります。

ですから、治療費が一定額を超えてしまった場合は負担が大きくなるのです。保険料の支払いに余裕があるならば、どちらも加入しておくと安心です。