自動車保険に加入するとき、やはり気になるのは保険料ですよね。少しでも安いところを探したいというのが本音だと思います。

一般に保険料は国内の保険会社よりも、外資系の保険会社のほうが安いと言われています。その理由は代理店にあります。

代理店は保険会社から委託されて、店頭で保険の説明や契約を行うところです。対面してひとりひとりの相談にのってくれるので、きめ細やかなサービスが可能です。

外資系の保険会社のほとんどは代理店を設けずに、加入者と保険会社が電話やネットで直接やり取りする通販型、またはダイレクト型といわれる方法を採用しています。

そのため、代理店にかかるマージンや人件費を抑えることができ、そのぶん保険料を安くしているところが多いのです。ですから、代理店を通さないタイプの保険は、一般的に代理店を通す保険より安いと考えてよいでしょう。

また、保険料は補償内容によって変わります。その人に考えられるリスクの分だけ保険料を払う「リスク細分型」の保険なら、無駄がなく、出費を最小限に抑えることができるでしょう。

必要な補償内容が決まったら、同じ内容で複数の保険会社から見積もりを取ってみましょう。条件をそろえればどこがいちばん安いかが即座に分かります。